スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
はじめまして!
学校ではデザイン以外を勉強しているイッカです。

技術は消費者にとって目に見えないしあまり
意識しない部分だけど一般的に言うデザインの
一部だと思ってます。
なので技術を活かした製品を作れたらなぁと
思ってJIDA Juniorに入って商品を一から作るための
勉強しています。

楽しくやっていこうと思っているのでよろしくお願いします。


12月1日はカスティリオーニの仕事の講演に行ってきました。
デザイン関係ではJIDA以外にあまり行ったことないから
今回の交流でまた新しい話が聞けてよかったです。
| JIDA JUNIOR(JJ)関西ブロック | 00:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:19 | - | - | pookmark |
Comment
カスティリオーニの講演会よかったですね〜。
今まで知っているつもりだったのが、恥ずかしくなるくらいの濃い内容でした。
カスティリオーニ氏の気さくな人柄や、ウィットに富んだ知性、実直で素直で、飾らない性格(想像ですが)、すべてに魅了された感じです。
そのような素敵なカスティリオーニ氏に一度はあってみたかったなあとつくづく感じています。
講演されていた多木さんが執筆された本も、素晴らしい内容がにじみ出ているようなオーラを感じて即買い(まだ読んでません)。
多木さんが「カスティリオーニさんは、モノを学ぶときに、写真等でやることはない。かならず手で触って、使ってみて感じることから始める」とおっしゃっていたのですが、そのカスティリオーニ氏の仕事を本から学ぶことのパラドックスを感じながらも、楽しんで読もうと考えてます。
自分も「いいデザイン」、いやいや「いいモノ」「世の中に必要なもの」を作っていきたいなあ。
カスティリオーニ氏が存命だったら、自分のプロダクトを持っていって色々とご指導いただきたい気持ちにもなりました。
そんな時に思い出したのが、ドイツのザイファート教授(元ブラウンのデザイナー)から言われた言葉。「デザイナーはコストダウンも考えないといけないんだよ。」私がデザインした照明器具を分解しながら、「このパーツは、こうやった方が安くなる。ここもこうやって、こうして、、、、」とたくさん指摘されました。最後には、「でも基本的にはいい照明だよ。この部分なんてすごくいい。」なんて言葉もいただいたり。いいデザイナーは人を喜ばせるのも巧いんだと感じたことを思い出しました。
長々となってしまいました。
さて、多木さんが書いた言葉を通じて、カスティリオーニさんに会いにいって来ようかな。
では、ほなほな。
Posted by: よし |at: 2007/12/02 9:55 AM








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

access counter

無料カウンター

TWITTER

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Mobile

qrcode

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM